佐賀は子育てがしやすい" />

集まれ!ファミリーだいまんぞく(渋滞にはお気をつけ) さが子育て応援フェスタ2018

集まれ!ファミリーだいまんぞく(渋滞にはお気をつけ) さが子育て応援フェスタ2018

佐賀は子育てがしやすいとは多くの証言あり。

しかし、非常にファミリーにフレンドリーな日常に対し、イベントというのがどうしても都会等と比較して少ないのは仕方がない。

そんな中でありがたいのが、サガテレビ社による様々な企画。

という訳で今回は、「さが子育て応援フェスタ2018」というものに参加してみることにした。

2018ということで、すくなくとも2017年も開催されているようであり、好評な昨年に続いての開催。

 

このイベントの存在を知ったのは、自宅に投函されていたチラシなのであるが、そこに目玉として記載されていたのが、いわゆる「アンパンマンショー」である。

これを目当てにどれだけの人が来るのか些か身震いがするが、早速行ってみることにする。

会場は佐賀市諸富文化体育館。佐賀市から南西に進み、福岡県大川市に突入する直前にある新しめの施設なのである。ちなみに隣接する諸富町産業振興会館には、諸富町の名産品である家具に関する様々なものや、託児スペースも設けられている(この日は閉まっていたが)。

 

佐賀駅からは諸富方面にバスが出ており、また自家用車でも15~20分程度で到着する距離なのであるが、、、。

到着してから駐車スペースを探す苦労に見舞われることになった。この文化体育館付近に結構な駐車スペースがあるのだが、満車。

暫く粘って待つも空くはずもなく、結局警備員さんに誘導されて到着したのは、会場から車で五分ほど佐賀方面に戻ったスペース。

そこに車を停めて、一台のシャトルバスで会場を往復しているようなのだが…、明らかに時間がかかりそうである。

結局そこから20分ほど歩き、現場に到着したのでした…。

 

曇天。

 

因みに会場に向かう道路にはこの日の為だろうか、フェスタの看板がちょこちょこ設置されているので間違えることはなさそうである。

 

無料で何かしてくれるのだろうか。

 

おつまみ系はOKか。

 

あいにくの雨のため、露天も少し寂しそうな感じではあるが、力強く営業しているようだ。

 

車も買える?

 

という訳で室内へ。

 

室内に広がるフリマの逞しさ。

 

一度中に入ると響くはたくさんの人の声。もしかしたら晴天なら外でやっていたのかもしれないが、事前登録制だろうか、フリーマーケットがいくつか。客層を考えてだろう、キッチン用品や子供服など子育て世代にストライクな品目が勢ぞろい。100円以下のものも非常に多いようで、時間があればここで選んでというのも楽しいのかもしれない。

 

協賛いろいろ。

 

こちらの一覧を見る限り、佐賀県企業は勿論いろいろな企業、自治体、諸団体が協賛しているようである。

そしてこれらの団体がブースを設けて様々な出し物があるとは聞いているが、果たしてどのようになっているのか…。

奥にいざなわれる。

 

トルネコのダンジョンなら「モンスターハウスだ!」となる展開(失礼)。

 

中に入ると若い人、人、人。

子供達と親たちがわいわいがやがや、楽しそうな声やちょいと泣き声も、頭でもぶつけたか。

前方にはステージがあり、時間により様々なショーが行われるのだが、これからアンパンマンショーという事で熱気は高まるばかり。

中央部は靴を脱いで上がり、佐賀の大学(確か西九州大学?)の生徒さんが子供とのふれあいとして、塗り絵や風船プール、紙の魚釣りなど色々箇所を設けてくれていた。親としては助かるの一言なのだろう。

真ん中ゾーンで席を取るのはもはや不可能な感もあり、回りにあるブースを見て回る事にする。

 

子育て世代にドンピシャリで当ててくる感じ。

 

いくつもブースがあるのだが、入場時に受け取る一枚ものの紙をよく見てみると、各ブースがスタンプを一つずつ持っており、7か所でスタンプを貰ってから入り口付近へ行くと、豪華賞品が当たるかもしれないくじ引きができるそうな。なるほどそれならやる気も出るねと。

 

回ってみると、県やJAの公共性の高いブースもあれば、住宅、教育、英語など子育て世代が誰もが考える事業会社もたくさん。資料とちょっとしたノベルティを貰いながらスタンプを押して回るのは佐賀ではあまりない気もするので楽しむとしよう。

 

よく見たら二階にも人が…。

 

一通り見て回っていると、どうやら回りがにぎやかになってきた。どうやらショーが始まるのか。

前に向かうのはもはや無理なので、適当なスペースを見つけ、見てみると。

 

肩車続出。

 

おお、見えるはアンパンマンショーである。

大人たち(主に男性)が肩車をすることで高さを演出。ショーのやり取り一挙手一投足にリアクションする子供達。ああ、来てよかったですねという気持ちに。

少し方向を変えて。

 

蒸す一日、労いたい。

 

ショーは大盛況。終了後は一緒に写真が撮れるという事で、あっという間に会場を一周するほどのまさに長蛇の列。

そしてこのショーが終わると続々と人が外に出て、車に乗り込み…おそるべしアンパンマンの集客力。

という訳で一通り見て回り、くじ引きではティッシュを貰い、駐車スペースまでのシャトルバス(30分くらいかかった)に乗って、無事におひらき。

 

全国の親に拍手を送りたくなる一日でした。

 


さが子育て応援フェスタ2018 | サガテレビ

http://www.sagatv.co.jp/generic/kosodate2018/(当該ページ削除済?)

 

佐賀市諸富文化体育館

佐賀県佐賀市諸富町諸富津52

イベント・催しカテゴリの最新記事