この時期が今年もやってきた" />
伊万里トンテントン 2018
突然の祭りの予感

 

この時期が今年もやってきた…。

 

佐賀県(に限らない話だとは思うが)で祭りが集中するこの10月から11月の間。

有名どころでは佐賀バルーンフェスタや唐津くんち、という大型イベントが控えているのであるが、その少し前にも非常に印象的で長い歴史を持つ祭りが伊万里市に存在する。

その名も「伊万里トンテントン」。

ともすればほほえましい名前であるが、その実態は喧嘩祭りの様相を呈す非常に活気のある祭りである。

ちょっと前に残念な事故があり祭りも一時中止、制限が掛かっていたようなのだが、だんだんと以前の元気の良さが復活しつつあるらしい。

 

詳細はページ下の伊万里トンテントンホームページを確認頂きたいのだが、この祭りは伊万里に位置する伊萬里神社の祭りであり、市街地を神輿をもって回りながら神輿同士をぶつけて合戦をするというもの。

トンテントンというのは太鼓の音から来ているらしく、この祭りもどうやら1829年からの歴史(200年弱!)という長いもので市民にとり非常に重要なものというのは間違いなさそうである。

 

恥ずかしながらこの伊万里トンテントンに一度も行ったことがなかったのだが、今回は三日間の祭り最終日の10月28日の夜に参加することにした。

人と車が非常に多いのだが、祭り会場から少し北にある市民会館等の駐車スペースが無料で開放されているらしく、ありがたく使わせてもらう事にした。

 

夜店も元気。

 

伊万里駅から北に進むと橋があるのだが、その辺り一帯が出店だらけで非常に活気があった。

若者やファミリーなどで非常に盛り上がっていたのだが、随所で昔の学生時代の友人に偶然会ったのか大声で再会を喜ぶものもあれば、中高生がちょっと非日常のドキドキTimeを過ごしていたり、各々が楽しんでいる姿が印象的だった。

 

画質が鬼。

 

小腹がすいたので、いわゆる梅が枝餅的な奴を買いました。熱いけど、祭りで食べるものって何故か美味いんだよなぁ。

 

素敵な思い出に…。

 

他にもお化け屋敷だったり電球ソーダだったり硬軟織り交ぜた屋台も非常に楽しく回る。

 

頑丈な橋、安心してください。

 

この写真は北側から南を臨んでいるわけなのだが、何を隠そうこの最終日、トンテントン祭りの中でも非常に注目度の高い「川落とし」なるものがあるらしい。

この催しは安全性を期して、他の人が入れないような形で執り行われるのだが、その場を見るには恐らくこの北側が良いのではないかとの事。

 

人が。

 

などと言っているうちに辺りは暗くなり・・・、人が非常に増えてきた。

これは迷子も出てきそうなほど。

折角なので前のほうで見たいよねという事で、適当なスペースを探して回る。

 

見える会場。

 

太鼓のパフォーマンス(儀式?)が行われていたのだが、ここでこの後に神輿通しのぶつかり合いが見れるようである。

観客も祭りのOBなのか、早く始まってほしい気持ちが言葉となってほとばしる。

そして結構な時間待つこと・・・あまり覚えていない。

 

にわかにいきり立つ衆と観客。

 

なにかそれっぽい感じに!

写真では既に神輿にしかかっている感じだが、その前に宮司さんが衆と祈りの時間を済ませていた。

締め括りのイベントだろう、担ぐ者も見る者も気合が入る。

 

遠い。

 

川が遠いとは織姫と彦星の気持ちが分かった気もしなくもないが、結構な距離があるのでなかなか見るのも撮るのも視力が必要である。

ただ確実に歓声が高まっている事から決戦の時が近くなっているのは分かる。

 

そして・・・。

 

この躍動感!

 

遂に二つの神輿がぶつかる!

 

 

どうなる!

 

更に高みを目指す神輿。

 

これ激しい!

 

あっ左が。

 

そして、

 

右の神輿が押し倒した!

 

遠くからでも分かる激しさ。

これは右が勝ったのか?

確かこれは町毎の戦いのような話を聞いているので、どこかの町が歓喜しているのだろう。

 

伊万里の夜は終わらない…。

 

そんなわけで激しい祭り、なんとも中途半端で残念なことにこの時間で現場から去らなくてはいけなくなった。

川落としを見るのはまた来年にお預けかと思われたが。

どうやら地元ケーブルテレビか何かでも生放送を行っているらしい。

 

ここからほんとに落とします。

 

テレビで見たほうが近くて良く分かっていいねとは身もふたもない話だが、現場で楽しみ、プロの技術でテレビでも楽しむ、一度で二粒美味しい大人の楽しみ方もありか。

 

終。

 

という訳で分かったのは、伊万里トンテントンはまた激しい喧嘩祭りとしてその勢いを取り戻している事。

そして、その前の日中に町を回っている時に間近で見る必要があるのだろうという事であった。

 

是非今度は三日間楽しみたいものである。

そして唐津くんちとバルーンフェスタ、どちらかにはいきたいが・・・。

 


伊万里トンテントン

佐賀県伊万里市立花町83

http://tontenton.jp

イベント・催しカテゴリの最新記事