イベント・催し 伊勢うどん伊勢神宮伊勢神社伊勢神社 大祭佐賀市神社祭り露店

九州のお伊勢さんで佐賀の一年の繁栄を祈る 伊勢神社大祭

イベント・催し
sdr
この記事は約6分で読めます。

今すでに三月に突入しているのだが、去る二月に佐賀でとても大切な催し事があったのである。

遡って深夜・・・。

 

 

真冬の賑わい。

 

佐賀県は佐賀市、旧佐賀城から北西に位置するのが伊勢町である。

伊勢、の名前の通り、ここには伊勢神社という有名な神社があるのだが・・・、はて、ここは三重県?

そう、こちらは三重県の伊勢神宮のご分霊を賜った、全国に唯一といわれる神社なのである。

 

深夜にこの賑わい。

 

基本的に分霊が許されない中、戦国時代に佐賀の信心深い方が約27年にわたり、年二回のお伊勢参りを行い続けたことから、特別に分霊を許可されたというご由緒があるらしい。

ほろ酔いの人生の先輩が良く、「佐賀の伊勢神社に行けば伊勢神宮と同じ功徳が得られるから助かる」というギャグを聞く事が時々あったのだが、九州において現在も有力な寺社仏閣が位置する中で、こちら佐賀神社も現代まで多くの方の信仰を集めているのは間違いないのである。

 

 

ここから境内に。

 

そんな伊勢神社であるが、今回訪問したのは年に一度の伊勢神社の大祭があるからである。

毎年2月10日から11日まで、夜通しで翌昼まで灯を絶やさずに行われる祈願祭。毎年、伊勢会という地元の名士で構成されるメンバーが主催にて行われるもので、一日中人が絶えない佐賀でも屈指の祭である。

写真の通り、神社の前から露店であったり、店舗がオープンして祭りの機運を高めてくれるのであるが、なかでも多くの方が楽しみにしているのが伊勢うどんと福引である。

うどんは無くなり次第終了との事で、飲み終わりの人々が〆の一杯?に向けてそぞろ歩く姿も非常に印象的である。

 

 

いざ。

 

という訳で境内へ入る。

 

 

深夜2時の賑わい。

 

境内は深夜にも関わらず人の声、火のパチパチと燃える音、賑わいが嬉しい。

普段であれば間違いなく真っ暗であろう境内も今夜に限っては提灯と火の明かりが煌々と照らす。

 

 

手を清めて。

 

 

1/fゆらぎで心をいやす。

 

一通り見て回って、忘れたように(失礼!)本殿にてお参りを。

やはり神々しい。

 

 

今なら何でもかなう気がする。

 

本殿にてお参りを済ませ、今年一年の安寧を佐賀の伊勢より祈るものである。

 

 

伊勢会の面々、先代と今の代のお名前が。

 

この伊勢会メンバーに選ばれることは非常に光栄な事らしく、今期で97代となっているらしい。

大神、指定小神、小神と分かれているらしく、各地区の幹部として地域から寄付を賜り、その資金が祭りを行うものに充てられているようで、まさに地域の協力、浄財?があってこその大祭なのである。

ちなみにこの寄付でもらえるのが福引券やうどん引き換え券である。

 

 

こちらも盛況。

 

こちらの福引でどうやらスペシャルな商品が当たることもあるらしく、最大の盛り上がりを見せる一幕でもある。

 

真夜中の一時のみフォーカスしているのであるが、この大祭は火入れ式に始まり祈願祭、鏡割りなどの神事が一日を通して様々なものが行われる。また翌日には佐賀の面浮立や大正琴、福餅投げなどの演芸なども行われる。

 

 

佐賀の心。

 

という訳で心清らかに、夜風で顔は涼やかに、振舞われる酒で顔だけ赤くなったらいただきましょう。

今回は知人よりうどん券を融通してもらい、またどうにかまだ残りがあったのでうどんにありつくことが出来た。

 

 

Simple is bestか。

 

非常にシンプルな伊勢うどん。かつて三重の伊勢でも伊勢うどんを頂いたことがあるのだが、麺が柔らかい、あの感じが出ていた(と思う)。

このホッとする優しい出汁がアルコールで疲弊した胃腸を優しくなでる。

ああ、今年も良い年になりますように。

 

 

最後はボケた写真。

 

翌朝も見に行きたいなと思いつつ、ただこの調子だと昼まで寝ているだろうなと思いつつ、露天で少しお土産を買って帰路につくのでした。

 


伊勢神社

佐賀県佐賀市伊勢町9

伊勢神社


Warning: Use of undefined constant NAV_MENU_FOOTER_MOBILE - assumed 'NAV_MENU_FOOTER_MOBILE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/conga/www/wp/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/mobile-footer-menu-buttons.php on line 10
タイトルとURLをコピーしました