佐賀の大衆食堂、老舗といえばまず名前が挙が" />

佐賀の皿うどんといえばここ 春駒

佐賀の皿うどんといえばここ 春駒

佐賀の大衆食堂、老舗といえばまず名前が挙がるのが、ここ「春駒(はるこま)食堂」であろう。

大正に創業し現在まで佐賀人の舌に豊かさを与え続けてきたこの春駒。東京にいた頃、佐賀在住経験のある知人が「春駒の皿うどんが食べたい」とうわ言のように言い続けていたのを今でも覚えている(当人は健康)。

そんな春駒は正に地域の人に愛され続けての世界なわけであるが、暫く食べていなかったなぁなどと思っているタイミング、用事終わりで車を走らせると目に入ったわけで、遅めの昼食を久々の春駒でいただくことにした。

 

パッとみると個人宅に見えなくもないが、近くで見ると結構外観も綺麗にしている。

 

店舗南が駐車スペースとなっており、昼時は結構埋まっているケースもあるので要チェックである。

 

看板と暖簾が老舗を感じさせる。

 

15時前に到着したが、どうやらまだやっているようである。間に合ってよかった。

ということで入店。

 

座敷席、二階もある。

 

店内は老舗ながら綺麗にされている。4人テーブル席が4つ、座敷で畳になっている机も4つほど?

さらに二階もあり、何かの集まりではこちらも有効活用されているようである。

老舗であるからだろうか、壁にかかっているちょっとした絵や作品も途端に何とも言えぬ気品を帯びてくるのは流石である。

この時間でも一人のお客さんやファミリー層でなかなかににぎわっているというのだからこれまた流石である。

 

奥では忙しそうに調理の匂いと音。

 

席につき、水を飲んで呼吸を整えたらメニューを選ぶ。というかまぁ既に決まっているのであるが。

 

食堂らしい気持ち良いメニュー。

 

周りを見ても頼んでいるのはやはり皿うどん。こういう店の丼ものも非常に気になるが、今回は春駒なのでやはり皿うどんか。

中途半端な時間なので大盛りで晩飯に響かせてもアレなので、通常盛りで注文をする。

お店のお姉さまもベテランという風に堂々たる風格で澱みなく注文をこなす。こういう小さな安心が実は飲食店では大事とか調子に乗った発言は控えたいが。

 

待つこと4,5分、早めに到着するランチ。

 

皿うどん(810円)。

 

堂々たる風格を備え、品のある器で出て参りました春駒の皿うどん。麺を覆い隠す野菜の数々の照りが味わいの染み込みを予感させ、頂点に君臨するは玉子、を練りこんだかまぼこはまさに、この皿が腹ペコ小僧にとりの金脈に他ならないと言わんばかりである。

パッと見てわかるように皿うどん、とあるが所謂パリパリ麺で餡が掛かっているものとは違う。ちゃんぽん麺に程よい焼きが入れられており、これがまた食感の期待感を高めてくれる。

 

掘り当てた歓び。

 

野菜をかき分けると、例のちゃんぽん麺がお目見え。色は本来の麺らしさを残しており、ソースなどが染み込みすぎて味が濃くて飽きる、という事がないのが良い。

まずもやし、ニラ、玉ねぎ、蒲鉾など野菜ゾーンを一口。シャキシャキと良い歯ごたえから広がるは優しい出汁の味か。一見薄味かと思いきや、噛めば噛むほどに味がしみだしてくるのは流石老舗の味。

 

程良い焦げがまたGood。

 

野菜を何口か頬張って一気に啜りこむ麺。

モチモチ感がすごい。麺を戴いていますという感じだが、適度に2割くらいついている(体感ベース)焦げ目が食感にアクセントを与えてくれ、また出汁にプラスしてうっすらとした塩、旨味≒グルタミン感が口の中に広がる。

一度麺を食べ始めるともう止まらなくなるわけだが、後味はしっかり残しながらも飽きがこない。

そして食べ進めて皿に空きスペースが出来てくると、皿の底にたまる出汁。これに気持ちほんのり麺をつけてからいただくと、後半戦も一気に食べ進める事ができそうである。

 

などと考える暇もなく完食。

店じまいが近そうだったので長居せず会計を済ませて辞去。

 

食後の一枚。

 

久々に頂いた皿うどん、「ああ、また近いうちに食べに来ないとな」と店を出てすぐに思わせる老舗の力をひしひしと感じた。

東京からの来訪者も連れられて満足で帰る当店、是非一度ご賞味あれ。

 


春駒

佐賀県佐賀市高木町3-1

https://tabelog.com/saga/A4101/A410101/41000354/

食事・喫茶カテゴリの最新記事