佐賀市駅南には白山(しらやま" />
佐賀初?ドリア専門店 白山ドリア・クリム

佐賀市駅南には白山(しらやま)という繁華街がある。

嘗ては毎週末、人が溢れ歩けない、迷子が出るほどの賑わいを演出していた名残が現在の白山名店街、白山アーケードである。

今も老舗の書店、菓子店、ふとん店など様々な店舗が軒を連ねているのだが、やはり不景気、高齢化の煽りを受けてかシャッターの降りている店舗も多い。

アーケード南には直近新しくなった佐賀商工ビルが文化発信拠点として重要な役割を担っているのだが、白山アーケードも負けずに面白い店舗がオープンしている。

 

その店は、ふとん店の隣にあった…。

 

今回お邪魔したのは、「白山ドリア・クリム」。

名前の通り、ドリア専門店である。

果たしてドリア専門店は佐賀に今まであったのか、というか今ドリアを出している店舗がどれだけあるのか分からないのだが、少なくともこの店舗は、専門店として結構気合を入れてやっているらしい。

このクリム、九月末で開店一周年を迎えたとの事でめでたい感じである。もともと、隣接するふとん店の敷地だったようだが、半分をこのクリムにしたらしく、街にまた一つ貴重な灯りをともしてくれているようだ。

 

オシャレな外装と喫煙者憩いの間。

 

この白山というと、どうしても夜9時以降の飲食で出ることも多いのだが、ランチやディナー、珍しいドリアに舌鼓を打つのもアリか。実際、夜に歩いている人が、この店の前で「お、なんだこれは」と興味深げに足を止めるのをしばしば拝見するので、外見のインパクトもありそうだ。

店内は禁煙だが、入り口に用意されている憩いスペースが個人的にはありがたい。

 

美味しそうなやつ。

 

入り口は丁度一部がすりガラスになっているので、中の人の表情までは分からないのがまたいい感じ。

入り口には美味しそうなソフトクリームが宣伝されているが、これまた女性にも受けがよさそうである。

という訳で、入店。

 

メリハリある配色と新しさとオシャレを感じさせる店内。

 

このテーブルの配置、実は集まりで貸切にてお邪魔したのでイレギュラーなのである。

いつもは4人、2人ほどでテーブルにて食事を楽しめるのでご安心を。

写真奥の窓の後ろには、座敷スタイルでのテーブルも用意。小さい子供用のイスなどファミリーでも楽しめそうな半個室が嬉しい。

 

手作り感のあるメニュー表。

 

こちらがランチand季節限定メニューのよう。

ドリアにもこんなに種類が作れるのかと個人的にはなかなか驚いたのだが、個人で来たときは是非もち明太子ドリアを食べてみたい気もする。

メニューにも子供向けのものがあるようなので、ママ友らが子供と食事をしている風景も実は見たことがあったり。

 

こちら日替わりメニュー。

 

ちらりと書いてある通り、ドリアだけでなくペペロンチーノやアラビアータなどパスタも選択可能なよう。

他にもサラダも含め、意外と幅広いラインナップで様々なお客さんのニーズにもこたえてくれそう。

 

こちら飲み放題メニュー。

 

今回は集まりなので、飲み放題メニューにて注文。

乾杯はビールでその後は色々・・・。

実は飲み放題に入っていないのだが、このお店はシードルがオススメらしい。リンゴを発酵させたアルコール飲料だが、発泡にて爽快感もあり、今度個人的にお邪魔した時に注文してみたい。

 

最初の品。

 

ドリアが食べたい気持ちを抑えつつ、、、。

ポテト、枝豆、鶏の三品が程よく胃の中で食欲を増進させてくれる。どれも味付けが確りしており、アルコールを飲む人間にはたまらない付け合わせなのだろう。

ちなみに枝豆、なんかそのまま食べられそうな雰囲気ですが、一般的にはいつもの通り中身だけ食べたほうがよさそう(実体験)。

鷹の爪も和えられている通りいい感じに辛味もあり、大人の味がGood。

 

二品目。

 

続いてやって参りましたのは豚(多分)とゴーヤのコラボレーション。

肉自体はさっぱりとしながら、恐らくショウガなども入っているのか?キレの良い味わいとゴーヤの程よい苦みが良い感じ。

楽しく談笑しながらでも箸は進むもので、来るたびにすぐなくなるわんこそば状態。

ドリアが来る前にお腹いっぱいにならないかだけが心配。

 

海老、野菜のグラタン?

 

遂にドリアか!と思ったらグラタン的な奴。

皿はお熱いのでご注意を。

ナスがホクホクシナシナ、中身ぎっしりな感じがいい。ホクホクといえばじゃがいもだが、これまたいいね。

海老もしっかりした歯ごたえがあり、ギュッと噛めば沁みだす海の味に舌鼓を打つ。

ゆっくりと料理が出てくると、そんなに食べずともお腹いっぱいになるパターン。

 

そして時は来た。

 

ど、ドリア参上

 

スプーンに顔が映っているのは気にしないでほしい。

今回は山芋のドリアとの事。年齢層が高い事を考慮してか健康的なドリアである。

ドリア山脈をスプーンで開拓すると、粒の立った米達が!アツアツのチーズがとろりとマッチング、米は適度に水分が飛び、喧嘩しない程度にお互いが味を醸す。

山芋のシャクシャク感もほんのりと感じられ、しかしここはドリアらしいベシャメルソースの濃厚さが勝つ感じ。熱いうちにどんどん口に運びたくなるのは、やはりバターや牛乳などの底力なのだろうか。

 

残念ながら会合にて、細かい写真は撮れなかったのだが、ドリアの中身はどうか君自身の目で確かめてほしい!(いつものジャンプ調)

 

 

〆はソフトクリームで・・・。

 

濃厚なソフトクリームで〆。

佐賀県のソフトクリーム界(あるのか知らないが)の中でも相当に牛乳感のある濃厚クリームである。

別にコーンのソフトクリームを頼もうかとも思ったが、自制。

 

 

今回はコースだったが、是非次回はプライベートにてドリア祭りを開催したいものである。

 


白山ドリア・クリム

佐賀県佐賀市白山2-5-17

https://tabelog.com/saga/A4101/A410101/41006277/

食事・喫茶カテゴリの最新記事