佐賀の夜の街は意外と(失礼!)明るい。 他の" />

新鮮な魚介で日本酒を楽しめる店 酔月

新鮮な魚介で日本酒を楽しめる店 酔月

佐賀の夜の街は意外と(失礼!)明るい。

他の町と比べて、居酒屋チェーン店が非常に少なく、地場の名店が多く軒を連ねているのが特徴的である。

美味しい店もたくさんあるのだが、なかなかインターネット上には口コミや実際の雰囲気などが出回っていないこともあり、初見での店選びは困難を極めるのが現状。

個人的な話であるが、少人数での個室飲み会と大人数での忘年会等をセッティングする時が一番難しく、結果として「いつもの店」をリピートする人が多いのでおのずといい店が残り、新しい店が存続するのが難しいのは当然なのかもしれない。

そんな時に助かるのが、知人の使って(浸かって)いる店を紹介してもらう事なのだが、今回は20名超の飲み会にて佐賀市は繁華街の中央本町で集まることとなったのである。

佐賀の夜。

佐賀市愛敬から白山、中央本町、そして松原と南下する中で本当に色々な店がネオンをたたえている訳であるが、中央本町辺りはいぶし銀な店も多い。

今回お邪魔したのは初めてのお店、名を酔月(すいづき)という・・・。

写真の具合で暗いだけです。

うっすら見える「魚と串」の文字。

店舗入り口には手書き?と思われるメニューも見える。

佐賀らしいものもありそうだ。

佐賀といえば様々な美味しいものがあるのだが、やはり海産物と日本酒のコラボが佐賀観光に来た人は一番喜ぶのではないかと思う。

ただこの2つをそろえる店は名店が多い一方で金額も少し張るのが実情。さらにいい具合の常連、接待グループが多く一見さんがなかなか入ってくつろぎにくいのも課題。

この店に関してはそんなに肩ひじ張らずに楽しむことが出来そうである。

いざ入店。

屋久島に来たのかと錯覚した。

沢山のキープボトルが店への期待値を高めてくれる。

今回は人数での集まりだったので、二階へ移動する。

因みに一階にはカウンターなどもあるようで、フラッと飲みに入ることもできそう。

戦いの場。

今回は20名程度だったが、頑張れば30人くらいまで行けるか?すぐ近くにお手洗いもあるので二階で気遣わずにずっと楽しめるのもGood。

という訳で飲み会が開始。

既に用意されたおひたしが身体に優しそうな感じがする。

綺麗に盛り付けられたヒラメ。

流石は「魚」を名乗るだけあって綺麗に捌かれ、盛り付けられたヒラメの旨そうなこと。桜大根の華々しさを目で楽しみながら、つゆに溶かしてサッパリいただく。美味い。これはどうやら看板メニューの一つであるらしい。

ちなみに他にもコースでは、佐賀呼子名産の烏賊の活き作りや牡蠣など、シーズンごとに魅力的なものを頂ける。

ちなみに醤油は甘い、やはり九州醤油は甘くなければ始まらないのである。

そしてどんどんやってくる食べ物たち。

サラダにチキン南蛮。

血糖値を上げないためには先に野菜からいただきましょう。

チキン南蛮といえばこれも宮崎の名物。酒の場にはこういう味付けの濃いものが非常に合う。

まだまだ来るよ。

角煮Time。

ちなみに画像に写っているプラスチックカップは、お店のご厚意で持ち込ませて頂いたもので、お店のグラスはちゃんとしたものです。

味付けがしっかり濃厚なのだが、ちゃんと美味しいのがGood。

今回は佐賀の人たちで飲み食いしたのだが、やはり味もおおむね好評だった。

やってきましたウミタケ。

スルメかと思いきややって来たのは佐賀の名産品であるウミタケ。これはウミタケという貝を乾燥させたもので、噛み締めるほどに広がるグルタミン(多分)の旨味と歯ごたえの良さが尋常ではない。

とても美味しく、個人的にはメニューにあればいつも注文するものなのだが、これが本当に酒に合う。

他にもアラカルトでは、エイヒレやかにみそなど定番のつまみも用意されており、またその価格が300円というのだから安い。

焼酎はエンプティ―カロリーだから太らないという神話。

日本酒が合うのだが、今回は芋。

明るい農村で顔色も明るく?

そんなこんなで美味しく食事を楽しみましたがそろそろ締めに。

そして来たのが、

程良く炙られた肉寿司。

これが美味い。

締めでこれは重いんじゃないの?と思ったが、美味いのでいける。

粒だって握られすぎていない米にほどよく炙られた肉・・・。何故か茶漬けにしたくなるねこれは。

酔いの結果ぶれるいつものオチ。

そんなわけで楽しませて頂いた酔月。

今回はコースのような形で満喫させて頂いたのだが、何人かで外で晩飯でも~となった時にも良い選択肢になりそうである。

立地的にも、ここで飲食してからどのようにも展開できる場所なので非常に良い。

年末に限らないが、お店選びに困った際には是非選択の一助としてほしい。


酔月

佐賀県佐賀市中央本町1-31

https://tabelog.com/saga/A4101/A410101/41005998/

食事・喫茶カテゴリの最新記事