佐賀から北上、遠方に出る為に向かう佐賀大和イン" />

いつも通り過ぎるコスパ抜群のハンバーグ店 うしや

いつも通り過ぎるコスパ抜群のハンバーグ店 うしや

佐賀から北上、遠方に出る為に向かう佐賀大和インターチェンジなのか、日ごろの疲れを取るために熊の川・古湯温泉なのか、はたまた家族サービスで三瀬か…。

 

とりあえず佐賀から国道263号をまっすぐ北に上がると気になりながらもいつもスルーしてしまうお店、皆さんもお気づきであろう。

 

うしや。

 

この赤に黒い牛、そして力強い「うしや」の三文字が気になりながらも交通量、はやい速度で車を流す中でなかなか停車する機会がない(個人的な感想です)のがこのハンバーグうしや。

ランチ、夕食時には車も止まり賑わっているのを見かけるのだが、今回は夕食前の中途半端な時間に腹が減ってしまったのでサッと車を。

 

駐車スペースは十分。

 

このうしや、営業時間が夜の10時までというのだから夜遅くまで働く人間にも優しい。

そして定休日が火曜と水曜、だから時々空いていなかったのかと一人で合点。

いざ入店。

 

広い店内。

 

店内は外観の通り横に広く、小上がりのテーブル席が5つほどと靴のまま座れるテーブルも2つほど。カウンター席もあるよ。

今回は一人で悠々とテーブル席にて注文TIMEに。

 

夥しいハンバーグ。

 

やはり看板に違わずハンバーグ推し。コスパでも評判の良いこのうしや、今回はシンプルにハンバーグ定食にする事にする。

個人的にはチーズバーグも気になるが・・・、カロリーを気にしよう。

注文後、大将がキッチンにてジュウジュウといい音と香りを立てて調理に入る。

腹が鳴る(心の中の)。

待つこと6,7分・・・。

 

ハンバーグ定食(795円)。

 

アツアツ、アチアチの鉄板でServeされてきましたはハンバーグ定食。

肉とソースの香りを狼煙のように立ち上がる。

一点だけ、煙が結構舞い上がり匂いがつく可能性があるので、スーツなどはたたんでどこか適当なところに避難させたほうが○。

なんかいい具合の食堂らしさが嬉しい。

 

割ればそこに宝。

 

このハンバーグ、今まで食べたものの中でも非常に柔らかい。箸を入れるとスッと二つに割れてくれるのだから食べやすそうである。バーグ上に丁寧に乗せられている玉ねぎ、ショウガ、ニンニクを落とさないように丁寧に割ると、そこにはこれまたソースの染み込んでいそうなもやしがお目見え。

たっぷりと掛かったソースは和風、味が確りついているので白飯が進む。

この白飯がまた佐賀県産米を使っているという事で、写真は撮っていないがつややかでもっちり、ほのかな甘みを感じる美味しい一品。ソースで濃厚さが広がった口内を優しくフォローしてくれる。

 

人参も甘くてハンバーグ屋さんらしさがGood。

 

もはや煙で何が何か分からない状況になっている。

 

ほろりと口で溶けるハンバーグは珍しいか。

 

素材などあまり良く分からないのだが、結構いいものを使っているという噂。

口に運ぶと本当に柔らかく、小さい子供でも火傷にさえ気を付ければふわりと食べやすい。

牛の脂もしっかりと染み出し、またボリュームもしっかりなので大満足のランチになるだろう。

従前からコストパフォーマンスが良いとは聞いていたのだが、これは確かに納得である。

 

鉄板が熱いので、お好みで追加過熱ができるのもGood。

例のごとくあっという間に完食。無事にエナジーチャージが完了。これからの仕事に精が出そうである。

 


うしや

佐賀県佐賀市大和町尼寺3152

https://tabelog.com/saga/A4101/A410101/41002547/

食事・喫茶カテゴリの最新記事