佐賀県内にも様々な飲食店がある中" />

やっぱりうどんは ウエスト 高木瀬店

やっぱりうどんは ウエスト 高木瀬店

佐賀県内にも様々な飲食店がある中で、安定的に合格点をたたき出してくれるのがやはり地元の有名チェーン店である。

その中で、うどんといえばまず挙がってくるのがウエストである。

 

このウエスト、福岡を本拠地とするウエストグループにより経営されており、焼肉、うどん、中華など様々な業態での飲食店を運営している。九州全域に展開しているのだが、調べてみたところ、東京は町田、千葉県など関東にも数店舗展開されているというのだから驚いた。

グループには、以前訪問した生そばあずまも含まれており、リーズナブルで満足できる味を提供し続けている、ありがたい店舗なのである。

という訳で今回、佐賀市は佐賀駅から少し北に行った高木瀬店でランチをすることにした。

 

基本的に曇天率が高い。

 

店舗前には大きな看板もあるので見逃すことはなさそうである。

駐車スペースに車を停めていざ征かん。ちなみにランチ時には車が結構入ってくる人気店。

 

安心のウエスト。

 

レッツ店内。

 

カウンターとテーブルで構成。

 

店内はカウンターとテーブル、座敷などが用意されており、一人でも同僚でもファミリーでもいらっしゃいという感じ。

今回は一人でランチなのでカウンターに。

 

おでん、稲荷などもご随意に。

 

このウエスト、に限った話でもないのだが、佐賀ではおでんが用意されているお店が体感的に多い気がする。

おいなりさん辺りはうどん店では定番か。

 

定番メニュー類。

 

カウンター上には人気のうどん達が顔をそろえる。AKB劇場のアイドルの顔のようなものか。

今日は中々に空腹感が収まらないので、メニューを見ながら考える。

 

やはりうどんそば店はセットが定番か。

 

このウエスト、うどんがうまいというのは言うまでもないのだが、実はこのかき揚げ丼がクオリティが高いと評判。

以前食べたところ確かに美味しかったので、今回もうどんとのセットを注文することにした。

店員さんもまだ店オープン直後だからか元気で屈託のない笑顔で対応してくれるのが嬉しい。

 

注文後、待つこと3,4分…。

 

かき揚げ丼セット(730円)

 

着丼。

インパクト大。

この、アチアチ丼とうどんをどうバランスしながら攻略するかが楽しみである。

 

優しい味。

 

見るからにツルツルと喉ごしの良さを感じさせるうどん麺であるが、口に入れると意外にモッチリ、弾力、歯ごたえを感じさせてくれる。

出汁は、あじこ・いりこを使っているらしく、他にもこだわりの配合の結果、優しさがほんのりと感じられる温かい出来上がりに。

福岡の繁華街にもこのウエストがあるのだが、聞くところによると、ここを2次会、3次会に使い、アルコールを満喫した後に仕上げのかけうどんを楽しむというスタイルが流行しているらしい。勉強になります。

 

ボリューム○

 

かき揚げ丼、揚げたての海老や野菜類が食欲をそそる。

衣は厚すぎない程度でちょうどよい。思ったほどカリカリというよりは若干モッチリした味わい、そして玉ねぎが甘い。

因みに一緒にserveされるタレであるが、一般的な店舗などと比べると少し甘目に作られていそうである。

全体にまんべんなく、全部かけても意外と底にタレが溜まらないのは流石のバランス。

 

半熟卵で一気に甘み、まろみが増す。

 

半熟卵もセットについてくるわけで、これをどのタイミングで乗せる、そして卵を御開帳するかは個人によりけりという感じであるが、折角なので入箸。

卵の乱入により、更なるまろみが加わる。タレの甘みから少し変化が欲しいねという時、いうなれば中盤戦で投入するのが個人的にはよさそうな感じ。

 

濃・甘・油のかき揚げ丼に対し、薄・素・出汁のうどんというところか。良く分からないまとめだが。

結構なボリュームであったが、あちらこちら食べ進めるうちに完食。

最後は付け合わせのお新香で口をさっぱり、ご馳走様でした。

 

佐賀、九州の人にとっては当たり前のチェーンであるが、このうどんの優しさ、福岡は実はラーメンよりうどんなんよという意見が最近増えてきているのはあながち間違いではないのかもしれない。

困ったときのユーティリティー、うどんウエストを何卒。

 


ウエスト 高木瀬店

佐賀県佐賀市高木瀬東3-20-1010-1

http://www.shop-west.jp/

https://tabelog.com/saga/A4101/A410101/41000358/

食事・喫茶カテゴリの最新記事