夜遊び カクテルステーキバーレストランバー佐賀市喫煙可深夜営業酔美 (SUIVIE)

鉄板のレストランバーで自由に楽しむ夜 酔美 (SUIVIE)

夜遊び
dav
この記事は約4分で読めます。

夜なのに、昼。

 

 

昼の繁華街は人が少ない。

 

佐賀の昼は本当に人が少ない。これは多くの人が言っているのでそう間違ってはいないだろう。

とにかく車が多いので、やはり佐賀の移動が徒歩というのは非常に少ないと思われる。

特にそのインパクトが強いのが、佐賀の繁華街である白山(しらやま)地区である。

夜は多くの人々がそれぞれ様々なものを求め彷徨う訳であるが、昼はどちらかというと行政サービス、地域団体、地元の店舗での買い物や飲食という全く違う顔を見せる。

そんな繁華街には、夜にしか空いていないお店も非常に多いのは言うまでもないのだが、今回貸切という事で開けて頂いたお店にお邪魔したのである。

 

 

その名はSUIVIE。

 

酔美、スイビといえば数多くの人が「一度は行ったことがある!」お店。というのもこのお店は2018年末で30年を迎えたという老舗なのである。そして、ドリンクの豊富さと食事の美味しさ、加えて様々なシーンでの貸切の利用が非常に多いため、老若男女問わず二次会などで利用した人は相当多いのではないかと思われる。

 

今回は店舗オーナー様のご厚意にて、普段は閉まっているお昼に貸切という形で店舗を開けて頂いた。ご厚意に感謝である。

 

 

食欲が止まらない。

 

こちらのSUIVIE、前述の通りに飯が美味い。特にボードにも書いてあるがっつりステーキはかなりガッツリと頂けるのが嬉しい。

とまぁこれは普段の話なのであるが、今回は昼の貸切。飲みながら会話に話を咲かせるのがメインなのである。

という訳で入店。

 

 

バーにしては明るいほうか。

 

店内は結構広い。カウンターは15名前後が座れ、テーブルはくっつけたり外したり、36席もあるという。

貸切では50人近い人数での飲み会も可能というのだから、立地の良さと知名度と信頼感と三拍子そろった数少ない名店なのである。

アイリッシュパブのような雰囲気もあるのだが、実際にサッカーワールドカップの時期などにはプロジェクターにて日本代表の試合が流れているなど粋な演出もある。

 

 

カウンターからの一枚。

 

壁一面に広がる酒の宮。

ドリンクの幅も非常に広い一方で、そこまで値段もしないのでバーだからと気を張らずに注文できるのが嬉しい。

普段夜に訪問するときには、着座するとメニューをちゃんと渡してくれます。

 

 

いつものぼやけた写真。

 

いつもは人がいる空間、貸切で早めにきたので誰も座っていないのが新鮮。

などと物思いにふけっていると団体続々と着。

それぞれにドリンクが到着し、乾杯。

楽しい会話が進みながら料理もやってくる。

 

 

肉の宮。

 

今回は30名前後での集まり。楽しい会話をしながら何気なく口に運ぶその一口が美味しくて嬉しい。

サラダ、カルパッチョ、ペンネ、ピラフ、そして肉、というように一通りのコースをみんなで取り分けて食べるのもコミュニケーション。こんな時代だから大切にしたいものですね(自戒)。

 

 

昼なのか夜なのかはもう関係ないのかもしれない。

 

そんな訳で楽しい時間は過ぎるもので。

昼なのに、気付けば深夜の気分になるけれど、まだ夕方にもなっていない午後四時。

 

マスターのご厚意に本当に感謝しつつ、是非今度近いうちにステーキを頂きに参上したいものである。

 


酔美 (SUIVIE)

佐賀県佐賀市白山2-1-1

佐賀のレストランバー「酔美(スイビ)」貸切歓迎
佐賀のレストランバー「酔美~SUIVIE~(スイビ)」。ディナーに美味しいピザ、ステーキ、パスタをカクテル、ワインとご堪能下さい。女子会や誕生日のお祝い、貸切パーティー、結婚式二次会におすすめ。
酔美 (佐賀/バー・お酒(その他))
★★★☆☆3.16 ■佐賀のゆったり寛げる老舗のダイニングバーで、カクテルに酔い心地よい時間を堪能する ■予算(夜):¥1,000~¥1,999


Warning: Use of undefined constant NAV_MENU_FOOTER_MOBILE - assumed 'NAV_MENU_FOOTER_MOBILE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/conga/www/wp/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/mobile-footer-menu-buttons.php on line 10
タイトルとURLをコピーしました